2008年9月25日

9月23日会津若松にて

本誌7月号で会津エリアを特集してより、会津エリアのお問い合わせが増えております。手頃な広さ、価格の古民家が物件が出ることが多く、金山町をはじめ、
会津の各市町村の担当者の方からも様々なお問い合わせを頂き、都会の方との交流、移住者の受け入れなど、意見交換をしております。

さて、
今回も会津エリアの物件調査。次月号に向けて準備中ですのでこうご期待。今回は会津若松の駅に近いホテルにて宿泊したのですが、ちょうど9月23日の会津
藩候行列を見ることができました。名君の誉れ高い保科正之公や戦国乱世を生き抜いた上杉家などの行列が目の前を通り、あわててデジカメを構えました。です
ので、いささか被写体が遠いのはご容赦を。来年からNHK大河ドラマで始まる上杉家の宿老「直江兼続」の姿も見え、なかなかの熱気でした。(愛の兜は目立
ちますね)

これからは紅葉の季節、とりわけ会津の美しい季節がやってきます。

A2008092516221
A2008092516222

A2008092516223
A2008092516224

会津・金山町
http://www.town.kaneyama.fukushima.jp/

会津藩候行列
http://www.aizukanko.com/festival/autumn/aki-23.htm

2008年9月22日

岩手の湘南・大船渡へ

A2008092219081
A2008092219082

A2008092219083
A2008092219084

10月号ラーバニスト訪問には、岩手県・大船渡の三陸海岸を見渡す家に移住された工藤さん夫妻を訪ねました。近況のお知らせなど頂いていましたが、お二人
ともお元気な様子で何よりでした。物件探しは場所を限定せず、全国を歩き回ったというお二人です。物件担当自ら取材しましたので、どうぞご覧ください。

2008年9月6日

伊豆エリア2日出張にて物件調査

A2008091914551

A2008091914553

早くから日本有数の観光、リゾートエリアとして知られる伊豆地方。改めてご紹介するまでもないほどですが、ちょっとここで伊豆地方のまとめ。
伊豆半島は、富士箱根伊豆国立公園に指定され、東に相模湾、西に駿河湾、天城山を中心とする山岳部分で構成。半島は概ね4つのエリアにわけられます。

■東伊豆エリア…(熱海市、伊東市、東伊豆町)
  ■中伊豆エリア…函南町、伊豆市の一部(旧修善寺町、旧天城湯ヶ島町、旧中伊豆町)、伊豆の国市(旧伊豆長岡町、旧大仁町、旧韮山町)
  ■西伊豆エリア…沼津市の一部(内浦地区以南、旧戸田村)、伊豆市の一部(旧土肥町)、西伊豆町、松崎町
  ■南伊豆エリア…下田市、南伊豆町、河津町

主要都市人口世帯数(平成20年9月1日現在) 
 伊東市:人口:74,506人 世帯数:34,280戸
 伊豆市:人口:36,272人 世帯数:13,627戸
 伊豆の国市:人口:50,328人 世帯数:19,579戸
 南伊豆町:人口:9,835人 世帯数4,043戸

A2008091914552



田園暮らし体験館・宿泊案内

田園暮らし体験館

ふるさと情報館・八ヶ岳事務所に併設する「田園暮らし体験館」に泊まってみませんか?

『月刊ふるさとネットワーク』

無料見本誌

誌面紹介(八ヶ岳南麓特集号)

記事アーカイブ

Facebookファンページ

いいね!を押して八ヶ岳情報先取り!Facebook

このホームページについて

■このホームページはふるさと情報館八ヶ岳事務所が運営しております。八ヶ岳南麓(山梨県北杜市は広域のため、当ページ内では町村名でご案内しております)をはじめ、長野県諏訪郡、山梨県韮崎市、甲斐市など周辺市町村の田舎暮らし向け物件を掲載し、ご紹介しています。

■北海道から九州まで、全国の田舎暮らし向け物件をお探しの方はふるさと情報館本部をご覧下さい。
>>本部のページはこちら

甲斐適生活|山梨で暮らす。二地域居住・田舎暮らし応援総合サイト