2009年6月30日

山梨県・増穂町 妙法寺のあじさい祭

1_2
3

4

『月刊ふるさとネットワーク』でも度々ご紹介している「山梨県・増穂町小室地区」。この地にある名刹・小室山妙法寺は、「あじさい寺」として有名です。

地域で活動するNA穂積が携わり、今年も「第12回あじさい祭」が6月27日(土)から7月5日(日)まで開催中。一面に咲く色とりどりのあじさいの花が、たくさんの人の目を楽しませています。今週末まで開催してますので、是非どうぞ。

2_2

※境内で売られている「ゆずうどん」500円!これはウマいッスよ!

NA穂積
http://www.na-hozumi.org/index.html

増穂町役場
http://www.town.masuho.yamanashi.jp/contents/content/view/852/236/

小室山・妙法寺への地図

大きな地図で見る

で、お昼をたべるなら、やっぱり「追分館・やなぎ亭」をおすすめします。古民家を活かした田の字の和室にて、麦トロご飯定食が800円。東京なら1500円くらいしそうです。増穂に行ったら必ず寄りたい黄金ルートですね。地域の商工会のおばちゃん達が出迎えてくれ、古民家のおちついた雰囲気の中で食事ができます。(たまに混んでますけど)

追分館・やなぎ亭への地図

大きな地図で見る

P1000781
P1000777

田舎暮らしセミナーのスライドを動画にしました。

福島県・葛尾村の清水さんと、山梨県・北杜市の宮地さんが、田舎暮らしセミナーで使用したスライドを動画にしました。

下記アドレスよりご覧いただけます。
http://www.furusato-net.co.jp/network/semina-09-2.html#doga

P1000661
P1000659


当日はあいにくの雨模様でしたが、たくさんの方にお越し頂きました。

P1000658
P1000657

参加者の方には、もれなく、宮地さんよりサプライズなプレゼントが。
八ヶ岳の採れたてレタスです。

3_2

来年もたくさんの方のご参加、お待ちしていま〜す!(す)

田舎暮らしなら、ふるさと情報館。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

2009年6月28日

増穂町のあじさい

1

山梨県・増穂町、小室地区へ至る沿道にはあじさいが咲き乱れてます。

2009年6月23日

青いケシの花

梅雨晴れ、というより梅雨明け?と思うほどのお天気ですね。

明日、定休日なのですが、予報ではまた雨に戻ってしまうそうな。

こういう日にお出かけしたいものですね。

でも、OA機器が集まり西日の差すデスクでも、窓を開ければ涼やかな風で

気持ちよぉ〜い風が入ってきます。

さて、皆様はヒマラヤの青いケシと呼ばれる花を御存知でしょうか?

1990年に大阪で開かれた花博(国際花と緑の博覧会)で日本で初公開されて以来、

ファンが増えている花ですが

同じ種を植えても真夏の最高気温が25度以上になるところだと、

きれいな青にならないのだそうです。

今年、八ヶ岳清里高原の清泉寮近く、キープ・ファームショップで

初めて青いケシの栽培に成功、今、ちょうど見ごろです。

キープ・ファームショップの駐車場から5分ほど歩きますが

Photo

その途中の牧草地や森の景色も素晴らしく、

Photo_2

思わず足を止めたくなるところに、休憩用のベンチが置いてあったりします。このベンチが見えたらすぐ左に入ると小川の横にひっそりと、可憐な花が咲いています。

Photo_3

キープオフィシャルサイトでも写真と共に開花状況が公開されています↓

http://www.keep.or.jp/ja/mbf/2009/06/17000392.html

=====================================================

八ヶ岳の田舎暮らしなら
ふるさと情報館・八ヶ岳事務所へ

八ヶ岳事務所

2009年6月22日

“上州姫街道” 本宿に暮らす

甘楽郡下仁田町は、下仁田ネギやコンニャクの産地として知られる群馬県南西部にある山里。妙義山や荒船山麓には、奇岩の山肌とその麓の段々畑などの独特の農村風景が見られる。

 “甘楽(かんら)”という地名の通り、群馬県の中でも気候温暖で暮らしやすい地域でもある。ここでご紹介する物件は、嘗て江戸時代は上州と信州を結ぶ街道の宿場町として栄えた「本宿」にある土地。

嘗ての面影を残す小さな宿場町の中には、枝垂桜の見事なお寺、商家の蔵などがある他、和菓子処、ドーナツが美味しい菓子処、手打ち蕎麦屋、評判の肉屋さんなどがあり、散策するのも楽しそう。首都圏からも関越・上信越道で本宿まで1時間半程で行ける他、軽井沢もすぐ近くにある。(担当 金子)

2

==========================================================

「本宿」へのアクセス

 車   東京(関越道練馬IC)→75分→上信越道下仁田IC→20分で本宿へ
電車  東京(長野新幹線)
50分→高崎駅(上信電鉄線)60で下仁田駅

下仁田町の紹介

 人口:9295人(2009年3月) 面積:188.27k㎡(町の84%が森林)

 町の木:スギ 町の花:桜 町の鳥:ウグイス

 地理:長野県境にかけて「妙義荒船佐久高原国定公園」があり、奇岩で有名な妙義山や荒船山がある。物見山(1375m)の山裾には明治20年開設で日本最初の洋式牧場「神津牧場」が広がっている。

====================================================


1

本宿の概要

中山道の本庄から分岐し、「本宿」を通って信州追分に通じる下仁田道(または追分街道)は、中仙道の脇往還(裏街道、現在は上州姫街道と呼ばれている)として重要な街道であった。古くから上州は上質な麻の産地であったため、江戸だけでなく遠くは近江からも商人が頻繁に買い付けに訪れてた等の記録もある。旅籠もあり今も旅館として営業されている。

現在の「本宿」は、観光地ではないが素朴な街並みと景観が人々の心を和ませるのか、訪れる人が少しずつ増えている。最近は高齢化が進み、住民にも危機感が芽生え、3年前から町おこし等も始まっている。


林業の里  下仁田

 地元産の材で安心な住宅を。


3
下仁田町は、標高は
500m1,400mの山々に囲まれた古くから林業が盛んな里。気候的にも年平均気温11.4度、平均降水量1,300mm、降雪は回数・量も少なく年間を通じて温暖な気候で暮らしやすい地域と言えます。

林業が暮しに根付いており、森林組合の活動も活発で、町内には27社の製材業工場があります。終戦直後から植林が始まり、植林率(杉が約90%)は、群馬県のなかで一番高く、また気候と地味にも恵まれた影響で、下仁田産の材は材質が良いと言われています。   記事協力:本宿まちおこし推進協議会

定年後の暮らしはふるさと情報館

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
↑ランキング参加中

2009年6月19日

諏訪郡富士見・原村にて求む物件折込チラシ

信州の八ヶ岳エリアとして人気の高い諏訪郡富士見・原村。今回、この地にお住まいの方に向けて、求む物件チラシを新聞広告として折り込みいたしました。

『信州毎日新聞』他各紙
2009年6月21日朝刊をご覧下さい

Tirashi

求む物件チラシ.pdf

信州の田舎暮らしをお考えの方は
ふるさと情報館
http://www.furusato-net.co.jp/

2009年6月16日

7月号物件制作中です

7月号発行に向けて新着物件制作中です。

一部大幅な金額変更がありました。

110001
110002

飯能市(刈場坂峠)の太いヒノキの梁のある家
1800万円→1100万円に変更
http://www.furusato-net.co.jp/form/koub/7874H.html

一見の価値ありです。

↓ランキング参加中!気が向いたらクリック、クリック。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2009年6月14日

太宰治生誕100年

 7月号の入稿のため、本部での製作業務が開始しました。

東京に移動する前の日、山梨県立文学館で開催されている

「太宰治展 生誕100年 (開館20周年記念)」に行ってきました。

 芥川龍之介に憧れ、文士を志した太宰治が、どうしても手にしたかったというのに

落選してしまった「芥川賞」。その悔しさが胸にこたえる直筆の展示もありました。

当時、心身が蝕まれるほどに悩んだ太宰治でしたが、師の井伏鱒二の

はからいで、山梨県にやって来ます。そこから数々の作品が生まれてきました。

そう考えると、落選しなければ、「富岳百景」は書かれず、

「富士には月見草がよく似合う」という名フレーズも

この世には現れなかったかもしれません。

期せずして、東京までの高速バスの中で村上春樹の「1Q84」を読了しました。

壊滅的といわれてきたこのところの出版不況の中で、

まるで乾いた大地にぐんぐん染み込む恵みの雨のごとく

飛ぶように売れているという新刊書です。

村上春樹もまた、芥川賞をとってはいません。

(彼がそれをほしいのかどうかはわかりませんが)。

私には、いつの時代も、どこかの偉い人たちに選ばれる文学作品よりも、

読者に愛されてこそ「不朽の名作」になるのではないかという気がしてなりません。

山梨県立文学館で買ってきたオリジナルグッズのメモパッドを机においています。

(編集 ささき)

Photo Photo_2

2009年6月8日

西川材の里・名栗へ

埼玉県の西南に位置する飯能市名栗。名栗川流域の山あいに広がる緑豊かな地域です。東京・青梅にも車で30分ほどで行け、たくさんの人達が名栗に集まっています。

元々西川材と呼ばれる杉や桧の名産地で、それらで建てられた住宅は、まだまだ手を入れれば見違えるほどに生まれ変わります。実際に手直しされる人のお宅に伺い色々なお話も聞けました。次月号では名栗の物件とともに地域のミニ紹介を企画中です。

今回、地元の方に地域を紹介して頂いた時、目に留まった旧名栗郵便局。現在の新郵便局の隣りにあります。西川材をふんだんに使った建物が多い中、石壁の洋風モダンな建物がいくつか目を惹きます。町の中にも結構そんな建物が多いですよ。

1234




大きな地図で見る

2009年6月7日

枝豆とジョッキ

結婚祝いのお返しにHさんがくださった贈り物。

枝豆が育つ鉢と私専用のビア・ジョッキです。
枝豆は発芽してすくすく成長中。
実りの季節までビールは我慢…と思っていましたが
やはり待ちきれず!!!
手まめなHさんがジョッキに似顔絵ラベルを
作成してつけてくれました。
「ふるふる広場」のブログにも使わせていただいている
似顔絵イラストです。
こんなオリジナルジョッキは世界に一つだけ。
これで飲む一杯はまた格別の味です。
枝豆はもうすぐ畑に移植するつもり…!
(編集 ささき)

Photo_3Photo_5

2009年6月5日

物件価格変更

9226h01 先日は信州八ヶ岳西麓・富士見町見学会ご参加ありがとうございました。売主様より信濃境の住宅(9226H)の価格大幅変更がありましたのでお知らせします。

物件は信濃境駅より徒歩圏、八ヶ岳を見上げる生活便のよい場所にあります。菜園や花壇など楽しめるスペース十分です。

ご見学希望の際は、ふるさと情報館・本部まで TEL03-3351-5601

富士見町1800万円
http://www.furusato-net.co.jp/form/koub/9226H.html

9226h04

2009年6月1日

白馬の騎士

Jpgfile1_25月20日、山形県西吾妻山、天元台スキー場あたりに見える「白馬の騎士」です。白馬に乗って槍を持った上杉謙信の像ですが、馬の後ろ足が消えかかっています。米沢市民は白馬の騎士が見えると春を感じるそうです。

Kinenjyu

月初めのみんなの棚には…

P1000745
今日から6月です。全国に物件調査や契約で散らばっていたエリア担当が、ここ四ツ谷本部に一同戻ってくると、全国の様々のお土産が棚の上に並びます。

そんな中、ひと際目立つ、メモ書のついた箱を発見。

なになに?「注 美味しくありません ご了承の上で…」


P1000727

ふむぅ。この几帳面な文字は編集長Mの文字だ。

箱には「ジンギスカンキャラメル」北海道のお土産らしい。

話のタネにと、一口ほうばる…がっ!!!!!

P1000728

ぬぁあああああああ

これはなかなか筆舌尽くしがたい味です。

ご興味ある方に、、は、、、やはり、おすすめしません。。。



田園暮らし体験館・宿泊案内

田園暮らし体験館

ふるさと情報館・八ヶ岳事務所に併設する「田園暮らし体験館」に泊まってみませんか?

『月刊ふるさとネットワーク』

無料見本誌

誌面紹介(八ヶ岳南麓特集号)

記事アーカイブ

Facebookファンページ

いいね!を押して八ヶ岳情報先取り!Facebook

このホームページについて

■このホームページはふるさと情報館八ヶ岳事務所が運営しております。八ヶ岳南麓(山梨県北杜市は広域のため、当ページ内では町村名でご案内しております)をはじめ、長野県諏訪郡、山梨県韮崎市、甲斐市など周辺市町村の田舎暮らし向け物件を掲載し、ご紹介しています。

■北海道から九州まで、全国の田舎暮らし向け物件をお探しの方はふるさと情報館本部をご覧下さい。
>>本部のページはこちら

甲斐適生活|山梨で暮らす。二地域居住・田舎暮らし応援総合サイト