2013年7月31日

川風が心地よい 富士川下り

明日、某雑誌社の取材があるためその下見で富士川町に来ています。
天気は快晴。気温は34度。冷涼な八ヶ岳南麓から来ると確かに暑いのですが湿度が少なく木陰にいると心地良い風が吹いてきます。
まもなく立秋を迎えます。

Image

その足で、富士川下りの出発地へ(富士川町鹿島)。富士川舟運は江戸、明治、大正、昭和と300年以上続く川を利用した物資の重要な運搬路です。
県立博物館に行くと、このあたり鰍沢の旅館でマグロやサメなどの解体ショーを江戸期よりおこなっていたことがわかります。
ちなみに、その当時駿河湾で獲れた鮮魚を内陸へ運ぶ陸路は富士川と並行する身延道(現国道52号線)よりも、鮮度を保つため標高の高い精進湖道を利用していたようです。海のない内陸で生の魚を食べることができるギリギリの場所は甲府であったとか。
これを魚尻線といいますが、盗賊や野生の獣たちから身を守って魚を届けるというのは並み大抵の技ではなかったと思います。
今も昔も山梨県民がマグロを喜ぶには理由があります。
さて、歴史に彩られた富士川沿いに舟運が100年ぶりに復活しました。川風を気持ち良さそうに下る現代の富士川下りは、物資よりも涼風を運んでいるのでしょうね。
富士川下りのHPはhttp://www.fujikawakudari.jp/
八ヶ岳事務所 中村健二

2013年7月30日

『月刊ふるさとネットワーク』8月号のお知らせ

『月刊ふるさとネットワーク』8月号がまもなく会員の皆様のお手元に届きます。

Image

8月号は富士山の世界文化遺産登録を記念して、「富士山の見える物件」のミニ特集をしています。
土地では北杜市高根町など3物件、住宅が2物件、農地付き民家が1物件です。
その他見ごたえのある物件を掲載していますので、これだ!と思った物件にはお早めにお問い合わせください。
また、ハンモックのできた田園暮らし体験館記事や好評の移住者のルーラル・レポートもあります。今回は山梨県北杜市大泉町でお孫さんと三世代同居を実現された方のレポートです。
一人でも多くのラーバニスト誕生をめざして、情報誌製作と現地案内にはげんでまいりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
八ヶ岳事務所 中村健二

2013年7月29日

信州・青木村に来たい?期待?かい?

信州、小県郡青木村
田沢温泉そばの眺めの良い高台に古民家を移築再生、そば懐石のお店「食事処・恵」を移住して営まれている遠藤さん。ご夫妻が中心となって、「青木 NI きたい会」を結成、杜仲茶を活かした様々な商品開発、がんばっております。
27日には収穫応援隊を結成してイベント開催。私はあいにく不参加でしたが、社内全員に杜仲茶そばを頂きました!
=====================
ちいさいながらも頑張る青木村!
遠藤さんのお店が観光協会にも掲載されてます。
http://www.vill.aoki.nagano.jp/assoc/eat/megumi.html

1

 

2013年7月27日

夏本番 現地見学会が行われました

今日は八ヶ岳事務所主催による「八ヶ岳南麓現地見学会」が行われました。参加者は首都圏、関西圏と海外からご参加いただいた方など多彩な顔ぶれ。
心配された天気でしたが、一時雨に降られたものの気温が27度ぐらいで、快適な一日となりました。
八ヶ岳南麓で物件を購入するために、「押さえておきたい3つのこと」を田園暮らし体験館でお話したのちにスタッフの車に分乗して、現地見学会のスタートです。
途中、明野のサンフラワーフェスティバルにも、小淵沢のホースショーにも巻き込まれることなく無事終了。ご参加いただだきました方々に感謝いたします。
今回の昼食は初めての和食処で、松花堂弁当はとても好評。民家見学後のノリで、ここに来て正解でしたね。
参加者のお一人は「情報誌だけではわからないこともあったけど、こうして参加できてみなさんの意見も聞けて良かったです」と嬉しいお言葉。次回はぜひ、ご夫妻だけでもお出かけください。
終了から30分も経たないうちに、雷注意報が出ました。皆様お気をつけて。
八ヶ岳事務所 中村健二

Image_2

2013年7月26日

暑さには熱さを!

今日は東京・四ッ谷の本部で仕事でした。ただいま、夜8時。気温は31度。
神宮外苑の駐車場周辺はそう然とした雰囲気に包まれています。なにせ若者に人気のあのグループが秩父宮ラグビー場でライブをやっていて、その音と、同じく若者たちの歓声が夜空に響いています。
暑さには熱さを!
こんな真夏の夜の過ごし方を、私もかつて静岡県掛川市で経験したことがありました。
多少の感傷を込めながらも、今夜はこれにて退散。明日は八ヶ岳南麓の現地見学会で多くの人たちをお迎えするために。
八ヶ岳事務所 中村健二

Image_3

2013年7月25日

冷やしほうとうはいかが?

今日は昨日と打って変わって八ヶ岳南麓も標高の低いところでは真夏日となりました。こんな日は自家製の冷やしほうとうなどいかがでしょう。
北杜市長坂町の八ヶ岳名水会が運営する「楽一」では、有機栽培した地粉を使用しており、地域のお母さんたちの手によるほうとうが食べられます。
冷やしほうとうは、 中華のだしにほうとう麺その上に卵焼き、キュウリ、トマト、長ネギがトッピングされたシンプルな一品。
この時期、私のように冷たい飲み物などを過剰摂取して疲れた胃には、何とも優しい味となっています。お値段は単品で600円。小鉢、漬物、おにぎりのセットで900円。
場所は三分一湧水の西900m、仁生園の東隣にあります。日曜と祝日、月曜が定休日。お盆の時期も休みとのこと。ランチタイムは11:30〜14:00 電話0551-32-2411
有機大豆を使ったビーンカレー(500円)やタンポポコーヒー(300円)もおすすめです。
八ヶ岳事務所 中村健二

Image

2013年7月24日

八ヶ岳 冷えてます

今日は梅雨時を思わせるような天候。午後からは本降りとなって、標高1000メートルあたりでは気温も20度に届かず。まさにクーラー要らずの一日です。
こんな雨の日ですが、遠来からのお客様がご来所されました。八ヶ岳事務所は水曜日定休なのですが休日返上で物件のご案内をさせていただきました。
物件探しは今日のような雨天時にご覧いただくのが良いと私はつねづね思っています。この時期に湿度の低い八ヶ岳南麓を体感できて本当に良かったですね。
*水曜日のご案内は事前にご予約をお願いしております。
八ヶ岳事務所 中村健二
写真は北杜市大泉町西井出の飛沢池。

Image

2013年7月18日

オランダ・ハーグ派展 開催中

先日、山梨県立美術館に行き、開催中の「オランダ・ハーグ派展」を観てきました。
私は年会費5,000円を払って県立の美術館、文学館、博物館、考古博物館に一年間いつでも入場できる「パスポート」を持っていて、実は毎年モトをとっているのですが。
19世紀のフランス・バルビゾン派の所蔵に定評のある当美術館が主催した今回の絵画展は、ミレーやルソーに影響を受けたオランダ・ハーグ派の作品が一堂に会しています。
圧倒的な空と雲、その下に牛や羊たちと生活する人々。机の上の聖書から顔を上げものうげに窓の外の景色を見ている少女。などなど…。
Image
水車が回る200年ほど前の田園の暮らしをどうぞご覧になって見てください。
(8月25日まで開催しています)
八ヶ岳事務所 中村健二

2013年7月14日

雨上がりの富士山

夕立のあと、残雪もくっきり浮かび上がり、わずかに赤みがかっている。
Image
山梨県北杜市高根町箕輪にて。

2013年7月13日

富士山が撮れない!

Image
この時期は富士山の写真がなかなか撮りづらいです。八ヶ岳南麓からは甲府盆地、御坂山系その先に富士山があるため、大気の安定しない夏場は視界がどうしても霞んでしまうからです。
北杜市の知り合いは、海外のお客様から「北杜市から年に何回富士山が見えるんですか」との質問に胸を張って「365日!毎日!」と答えるのだそうです。そしてもしも天候の加減で見えない時などは「これはホント運がイイですね」と…。おもてなしの心を垣間見た気がします。
陰影のはっきりしない、シルエットであってみてもそこはそれ。何とでも言い訳の聞くこの山は、やはり日本一でしょうね。
『月刊ふるさとネットワーク』8月号で、居ながらにして富士山の見える物件をミニ特集で考えています。何とか、この時期でも様になる容姿をお届けしたいと思っています。
まさか、こんな「季節はずれのカカシとともに見る」薄ぼんやりした写真を会員の方々は期待していないでしょうから。
八ヶ岳事務所 中村健二

2013年7月10日

香川県の大学教授現る

標高780mのふるさと情報館八ヶ岳事務所でも連日最高気温が30度を超える真夏日が続いています。 本日は香川県高松市より遠路はるばるお客様がお見えになりました。高松大学経営学部の正岡利朗教授です。 正岡さんは実はこの4月東京・中野で当社が主催した「田舎暮らしセミナー」にご参加いただいた方です。 本日は山梨県北杜市高根町にある「クラインガルテン」を取材された折り、八ヶ岳事務所に立ち寄られました。 震災以降、都会の方々の田舎暮らしに対する考えや動向はどうか、率直な現場の声を聞きたかったようです。

Image

事務所入口に咲く桔梗が鮮やか。八ヶ岳南麓も夏本番です。

余談で、 「もりそばが一枚800円とすると、讃岐うどんは一杯200円。四分の一の値段で食べられます。香川県民は外食にお金をかけずに貯蓄に回しているんです」とはホントかどうか。 この次は高松でお会いしましょう。 八ヶ岳事務所 中村健二

2013年7月9日

涼をもとめて 甲斐駒ヶ岳のふもとへ

連日の猛暑となっている日本列島ですが、今日の午後は山梨県北杜市白州町横手に物件調査に来がてら尾白川(おじらがわ)まで足を伸ばそうと考えていました。
さらさらと流れる水と木々に涼をもとめたかったためです。
結局物件現地で夕方近くまで設備業者とやりとりをしていたため、そこには行けずじまい。
その代わり、畑を耕すおばちゃんとその先の甲斐駒ヶ岳を見ているうちにいつしか心地良い風に包まれ、吹き出した汗のことも忘れてしまいました。
何気ない光景が夕涼みになるとは。季節は厳しいですが、こんな時間を一人でも多くの方に体感していただければいいな、と感じた夏の夕暮れでした。(八ヶ岳事務所 中村健二)
Image

2013年7月5日

【表示が?】物件ページのレイアウトが崩れる方へ

いつもふるさと情報館ホームページをご覧頂きありがとうございます。

弊社の物件ページは、『月刊ふるさとネットワーク』の編集方針のもと、既存の不動産情報をもとより、皆さんがその地で暮らすための生活情報まで高めた物件情報の公開を心がけています。

今回、皆様からのアンケートに基づき改善中の旨は先刻お伝えいたした限りです。閲覧中の皆様におきましては再度、稼動中での修正メンテナンスを行っていますので、アクセスされた時によってレイアウトが崩れる(写真表示がおかしくなる)などの事象が発生する場合があります。

その場合の対処法として、お使いのブラウザ(インターネットエクスプローラ、FireFox等)の表示更新ボタンを押すことで、正しい表示ができる場合がありますので、画面表示の乱れ等ありましたらお試し下さい。尚、更新ボタンを複数回押しても表示が改善されない場合は、弊社HP開発チーム宛てにコメント頂けましたら幸いです。

引き続きふるさと情報館ホームページ及び『月刊ふるさとネットワーク』をよろしくお願いいたします。

Bukken

==================
田舎暮らしを検討するための必須雑誌

7月号は渾身の諏訪郡富士見町特集!
東京から最も近い信州は軽井沢(赤羽→軽井沢133.6km)でなく、
富士見町(八王子→信濃境で130.8km)?!

のんびり悠々自適、新しい夢を実現するなら八ヶ岳西麓・諏訪郡富士見町
田舎で夢を叶えた女性(3組)を誌上でご紹介中

『月刊ふるさとネットワーク』(年間購読制3600円)
の無料見本誌を希望される方はこちら!

三分一そばで七夕飾りの準備中

今週末の七夕をひかえて、山梨県北杜市長坂町の三分一湧水に隣接するそば処「三分一そば」では、七夕の笹作りをしていました。食事に来られた方は短冊に願い事を書いてみてください。私の願いは…。幾つもありますが、たった一つのことをお願いしました。(八ヶ岳事務所 中村健二)

Image_6

2013年7月4日

第19回にいがた暮らしセミナーが開催されました

13062901_2 6月29日(土)、表参道の「新潟館ネスパス」にて、第19回にいがた暮らしセミナーが開催されました。

 このセミナーでは「新潟暮らし物件大相談会」をサブタイトルに、ふるさと情報館代表佐藤の講演「田舎暮らし、住まいのあれこれ」や移住者による移住体験談などが語られ、会場には各市町村の相談ブースが設置されました。

 ふるさと情報館も相談ブースを出展し、新潟県担当・金澤が個別相談に対応させていただきました。

13062902_2  次回の開催は10月19日(土)で、サブタイトルは「にいがたで自分らしく働く」。新潟県での田舎暮らしに興味のある方は、是非ご参加ください(入場無料です)。



田園暮らし体験館・宿泊案内

田園暮らし体験館

ふるさと情報館・八ヶ岳事務所に併設する「田園暮らし体験館」に泊まってみませんか?

『月刊ふるさとネットワーク』

無料見本誌

誌面紹介(八ヶ岳南麓特集号)

記事アーカイブ

Facebookファンページ

いいね!を押して八ヶ岳情報先取り!Facebook

このホームページについて

■このホームページはふるさと情報館八ヶ岳事務所が運営しております。八ヶ岳南麓(山梨県北杜市は広域のため、当ページ内では町村名でご案内しております)をはじめ、長野県諏訪郡、山梨県韮崎市、甲斐市など周辺市町村の田舎暮らし向け物件を掲載し、ご紹介しています。

■北海道から九州まで、全国の田舎暮らし向け物件をお探しの方はふるさと情報館本部をご覧下さい。
>>本部のページはこちら

甲斐適生活|山梨で暮らす。二地域居住・田舎暮らし応援総合サイト