2011年1月13日

築200年の古民家そば屋 草至庵

新年1月5日から営業を始めたばかりという、

北杜市明野町の古民家そば屋「草至庵」へ行ってきました。A

月刊ふるさとネットワーク2004年2月号にご登場いただいた金子至さんご夫妻のお住いです。

「お蕎麦屋さんを始めるんですって」

予てから八ヶ岳ふるさと倶楽部の会員さんの間で噂が広がっていました。

このたび、周囲の応援と、何よりも、都会で会社勤めをなさっていた息子さんの一大決心で、実現されたそうです。

A_2 木工や染色も勉強され、美的感覚に優れた息子の徹也さん。

蕎麦打ちも好きで、新宿の老舗で修行を積んだ経験を生かす舞台が

ご両親が終の棲家に選ばれた再生古民家となりました。

  のれんは徹也さんのろうけつ染め作品です。

A_4 A_5のれんを掛ける棒を支えている彫り物も徹也さんの作。

お客様に大勢お越しいただけるように願いを込めて

「来い」に「鯉」をかけられたとか。

A2 店内の座卓も徹也さんの作品。

置かれているストーブは、公民館のストーブを買い換えるのでいらなくなったものをいただいたそうです。

お店の建物は古くなったお蔵を再生したものだそうですが、とても日当たりが良く、このストーブ一台で十分暖かく過ごせます。A_6

A_7 A_8 そして、お料理に使われている食材は、お出汁の鰹、昆布、そば粉以外は

金子さんご夫妻が栽培された自家農園のもの。

もちろん、消毒のお薬や化学肥料は使っA_9 ていないので

そのよさを生かすために、味付けにも化学調味料は使っていません。

卵は平飼のウコッケイの有精卵。

お二人とも山梨出身なので、地元の方にもおいしいと感じていただける

A_10 A_11 しっかりとした味付けに仕上がっています。

もちろんお蕎麦は江戸の味。

さて、こちらはご自宅と、ご夫婦の趣味の骨董品が展示されている母屋の入り口です。

A_12 A_13 八ヶ岳ふるさと倶楽部会員さんがお食事に見えると

「お時間のある方は、母屋の方を休憩室として、昼寝でもしてって下さい」

「親戚の家に来たつA_14もりで、くつろいで行って下さい」

と、こんな素晴らしい空間に誘っていただけるんです。

A_15 さらに

お腹に余裕のある方は、おやつまで!

こちらも自家菜園の果実、野菜、ウコッケイの卵が主原料。

A2_2

手作りづくしです。

多くの人が憧れる古民家ですが、広くて部屋数が多くて、八ヶ岳の冬を過ごすには

一部屋温めてそこへみんなで集まるのが一番。

A_16A_17 金子さんのお宅では、ご夫妻が結婚当初にお使いになっていたという小ぶりのテーブルと、こたつを置いたこの部屋で、みなさん一緒に過ごされるそうです。

懐かしい風景ですね。

明野の再生民家のお蕎麦屋「草至庵」は月・火定休、

営業時間:11:00〜15:00、16:00〜19:00

電話:0551-25-2317

予約で昼は3000円、夜は5000円の懐石コースがいただけます。

もちろん、おやつ感覚で、もりそば600円や、そばがき500円、

話題のとりもつ300円などもいただけます。

北杜市役所明野支所から車で約7分、初めての方には少しわかりにくい奥まった集落の中。

地図は、こちらでぜひご確認を!

Map



田園暮らし体験館・宿泊案内

田園暮らし体験館

ふるさと情報館・八ヶ岳事務所に併設する「田園暮らし体験館」に泊まってみませんか?

『月刊ふるさとネットワーク』

無料見本誌

誌面紹介(八ヶ岳南麓特集号)

記事アーカイブ

Facebookファンページ

いいね!を押して八ヶ岳情報先取り!Facebook

このホームページについて

■このホームページはふるさと情報館八ヶ岳事務所が運営しております。八ヶ岳南麓(山梨県北杜市は広域のため、当ページ内では町村名でご案内しております)をはじめ、長野県諏訪郡、山梨県韮崎市、甲斐市など周辺市町村の田舎暮らし向け物件を掲載し、ご紹介しています。

■北海道から九州まで、全国の田舎暮らし向け物件をお探しの方はふるさと情報館本部をご覧下さい。
>>本部のページはこちら

甲斐適生活|山梨で暮らす。二地域居住・田舎暮らし応援総合サイト