2009年4月21日

植村雄太朗さんにお会いした時のこと

和歌山の方言研究家、植村雄太朗さんにお会いした時のこと。

鹿児島で教鞭をとりながら出身地の種子島の方言を長年研究され、2001年に武蔵野書院より『種子島方言辞典』を上梓されました。「経済の高度成長とともに文化が変質してきている」との思いが著作のエネルギーとなって現在も執筆を続けていらっしゃいます。

 東北、関西と広範囲のエリアを担当していると、毎日聞きなれない言葉に出会います。

ところが「は?」と聞き返しても相手の方は照れるのか、なかなか言い直してはもらえません。大抵は聞き流してしまい、私の方言の知識は増えません。

面白いのは、東北の人に大阪弁で話し掛けると東北弁がよく出ることです。標準語より親しみやすいのかもしれません。

もっとも、同じ東北人同士でも地域が違えば言葉が通じないことがあるそうですから、出張でやってくるだけの私にマスターできるようなものではないと思うのですが。(東北・関西担当 山中)

1

物件調査の折、物置から何とも懐かしい売主さん自身も知らないようなものが発見されることがある。一緒になってワクワクしながら探索なんてことも。



田園暮らし体験館・宿泊案内

田園暮らし体験館

ふるさと情報館・八ヶ岳事務所に併設する「田園暮らし体験館」に泊まってみませんか?

『月刊ふるさとネットワーク』

無料見本誌

誌面紹介(八ヶ岳南麓特集号)

記事アーカイブ

Facebookファンページ

いいね!を押して八ヶ岳情報先取り!Facebook

このホームページについて

■このホームページはふるさと情報館八ヶ岳事務所が運営しております。八ヶ岳南麓(山梨県北杜市は広域のため、当ページ内では町村名でご案内しております)をはじめ、長野県諏訪郡、山梨県韮崎市、甲斐市など周辺市町村の田舎暮らし向け物件を掲載し、ご紹介しています。

■北海道から九州まで、全国の田舎暮らし向け物件をお探しの方はふるさと情報館本部をご覧下さい。
>>本部のページはこちら

甲斐適生活|山梨で暮らす。二地域居住・田舎暮らし応援総合サイト